[ここから本文です。]

  • ホーム
  • >(の中の)
  • 学校紹介
  • >(の中の)
  • アカデミーの概要

アカデミーの概要

 国際園芸アカデミーは学校教育法に基づく「専修学校」で、実践的な学習を重視した独自のカリキュラムを編成しています。  花と緑に関心のある人を対象に、開かれた学校として「人材育成部門」と「生涯学習部門」の2部門を設置しています。

校舎 本館の外観写真

学校概要
正式名称岐阜県立国際園芸アカデミー
設置形態学校教育法に基づく専修学校(専門課程)
設置者岐阜県
所在地岐阜県可児市塩1094-8
 学則 岐阜県立国際園芸アカデミー学則 
沿革
年月事項
H13.5岐阜県園芸学校(仮称)構想検討委員会設置
H14.8開学準備委員会設置 同専門部会設置
H16.4岐阜県立国際園芸アカデミー開学
初代大川勝德学長就任
上級マイスター科(生産コース、装飾コース、環境コース)定員40名
マイスター科(生産コース、装飾コース、造園緑化コース)定員40名
第1回入学式
H18.3寛仁親王殿下行啓
第1回卒業式
H22.4第2代上田善弘学長就任
上級マイスター科募集停止
H25.3上級マイスター科廃止
H25.4マイスター科「生産コース」を「花き生産コース」に、「装飾コース」を「花き装飾コース」に名称変更
H26.2開学10周年記念式典
H30.2  職業実践専門課程(園芸系専門課程)として文部科学省より認定
H30年4月入学生より適用
<
受賞暦
年月事項
H17.1岐阜県知事より親頼誇賞
H17.3花フェスタ2005ぎふミニ花壇コンテスト花の甲子園一般の部グランプリ受賞(上級マイスター科)準グランプリ受賞(マイスター科)
H17.11第9回GIFUフラワーショー(フラワーフロートディスプレイ部門準グランプリ受賞(上級マイスター科・マイスター科)
H18.5第8回国際バラとガーデニングショー(ガーデン部門サイズB)準優勝受賞
H19.3フラワードーム2007(あいち花フェスタ)(フラワーディスプレイコンテスト)奨励賞受賞
H19.5第9回国際バラとガーデニングショー(ガーデン部門サイズB)優秀賞受賞、(ガーデン部門ベランダガーデン)優秀賞受賞(学内サークル「園芸クラブ」)
H19.10ジャパンガーデンショー2007(スモールガーデン)優秀賞受賞(園芸クラブ)
H20.2 学校ビオトープ・コンクール(日本生態系協会主催)(高校生以上の部)銀賞受賞
H20.3フラワードーム2008(あいち花フェスタ・名古屋国際蘭展)(フラワーディスプレイコンテスト)銀賞受賞
H20.5第10回国際バラとガーデニングショー(ガーデン部門サイズA)入賞
H21.3フラワードーム2009(あいち花フェスタ)(フラワーディスプレイコンテスト)銅賞受賞
H21.11浜松モザイクカルチャー世界博2009 文化省受賞
H22.3フラワードーム2010(あいち花フェスタ)(フラワーディスプレイコンテスト)銅賞受賞
H22.3第9回ぎふ建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展
 最優秀賞受賞(上級マイスター科3年大澤功)
H22.10第48回技能五輪全国大会フラワー装飾競技
 敢闘賞受賞(マイスター科2年池戸彩笑子、吉原菜々子)
H23.10フラワーブーケデザインコンテスト学生大会
 優秀賞受賞(マイスター科1年西田浩太郎)
H23.10丸の内仲通りガーデニングショー2011
 新人賞受賞(上級マイスター科3年麻生真琴)
H23.12第49回技能五輪全国大会フラワー装飾競技
 金賞受賞(マイスター科卒業生吉原菜々子)
H24.10第50回技能五輪全国大会フラワー装飾競技
 敢闘賞受賞(マイスター科2年小栗早稀)
H24.11第33回岐阜県職業能力開発促進大会(技能検定2級園芸装飾(職種:室内園芸装飾作業)部門
 岐阜県職業能力開発協会賞受賞(マイスター科2年千村みずき)
H24.11日本造園学会中部支部大会
 優秀学生発表賞受賞(上級マイスター科4年江崎真吾)
H25.10平成25年度「寄せ植えコンテスト」(ミニガーデン部門)
 優秀賞受賞(マイスター科1年加藤吉美)
H25.11第34回岐阜県職業能力開発促進大会(技能検定2級フラワー装飾(職種:フラワー装飾作業)部門 
 岐阜県職業能力開発協会賞受賞(マイスター科2年小澤愛音)
H25.11第51回技能五輪全国大会フラワー装飾競技 
 銅賞受賞(マイスター科卒業生山田絵美)
H26.12第52回技能五輪全国大会フラワー装飾競技 
 銅賞受賞(マイスター科卒業生山田絵美)敢闘賞受賞(マイスター科卒業生國枝佳菜)
H26.12第35回岐阜県職業能力開発促進大会 技能五輪岐阜県大会成績優秀者 
 岐阜県職業能力開発協会長賞受賞(マイスター科2年稲見友咲) 
技能検定2級フラワー装飾(職種:フラワー装飾作業)部門 
 岐阜県職業能力開発協会賞受賞(マイスター科2年音川みのり) 
技能検定2級造園(職種:造園工事作業) 岐阜県職業能力開発協会長賞受賞
H27.11第36回岐阜県職業能力開発促進大会 技能検定2級フラワー装飾(職種:フラワー装飾作業)部門 
 岐阜県職業能力開発協会賞受賞(マイスター科2年村瀬萌衣)
H27.12第53回技能五輪全国大会フラワー装飾競技 
 敢闘賞受賞(マイスター科2年村瀬萌衣、卒業生山田絵美)
H28.1第3回岐阜県域農林業教育システム研究発表交流会 
 優秀ポスター賞受賞(マイスター科2年永井)
H28.3技能検定2級フラワー装飾(職種:フラワー装飾作業)部門 
 岐阜県職業能力開発協会賞受賞(マイスター科2年村瀬萌衣、卒業生山田絵美)
H28.10第54回技能五輪全国大会フラワー装飾競技 
 銅賞受賞(マイスター科卒業生村瀬萌衣、卒業生山田絵美)
H28.11第37回岐阜県職業能力開発促進大会 技能検定2級フラワー装飾(職種:フラワー装飾作業)部門 
 岐阜県職業能力開発協会賞受賞(マイスター科2年高綱みのり)
H29.1第4回岐阜県域農林業教育システム研究発表交流会
 優秀ポスター賞受賞(マイスター科2年蔵角)
 H29.11 第55回技能五輪全国大会フラワー装飾競技
 敢闘賞(マイスター科2年江尾 星) 
 H30.1 第5回岐阜県域農林業教育システム研究発表交流会
 優秀ポスター賞受賞(マイスター科2年江月)
 H30.3 技能検定2級フラワー装飾(職種:フラワー装飾作業)部門
 岐阜県職業能力開発協会長賞(マイスター科2年江尾 星)

人材育成部門

産業界が求める匠の技術をもつ人材(マイスター)を育成する「マイスター科」を設置しています。

マイスター科
入学資格高等学校卒業以上の学力のある者、またはこれと同等の学力をもつ者
総定員40名(1学年20名)
履修期間2年
専攻コース【花き生産コース】花と緑の効率的生産・管理手法や新品種育成など
【花き装飾コース】フラワーデザインや寄せ植えなどの花と緑を活用した空間装飾の技術や管理手法など
【造園緑化コース】庭や緑化などによる快適な生活環境を創造するデザインや施工技術、管理手法など
 学費等 【入学金】        169,200円
【授業料】     年額118,800円
      ※生活保護世帯等では、入学金及び授業料の免除等の制度があります(要事前申請)。
【学校徴収金】 実習等で使用する教材等等の費用
           年間150,000円程度
         (1年次では検定受検料として+30,000円程度)
           岐阜県立国際園芸アカデミー学校徴収金事務取扱要領
【海外視察研修費用】 350,000円程度
成績評価の基準
進級・修了の要件
称号の授与
【成績評価基準】授業科目の成績評価は、各学期末に行う試験、実習等の成果、履修状況等を総合的に勘案して行う。成績はA,B,C,Dの標語で表し、A,B,Cを合格とする。
【進級】 第1学年に1年以上在学し、第1学年に配当された全ての必修科目を習得したうえで、第1学年で習得すべきと定められた授業時数1,050時間以上の科目を修得すること。
【修了】 本学に2年以上在学し、各学年に配当された全ての必修科目を修得したうえで、修了の要件となる2,100時間以上の科目を修得すること。
【称号】修了したものには「専門士(園芸系専門課程)」の称号を授与する。

主な学校行事
4月 春季休業 入学式 入学ガイダンス 在学生ガイダンス 健康診断 前期授業開始
5月 学校見学会  海外視察研修 
6月 なんじゃ祭(学園祭) 学校見学会 内科検診 献血
7月 海外視察研修報告会
 8月  夏季休業(7月末から) オープンキャンパス 
 9月  学校見学会 前期授業終了
10月  後期授業開始 インターンシップ(2年生) 入学試験(推薦)
11月 インターンシップ報告会(2年生) オープンキャンパス インターンシップ(1年生) 
12月 インターンシップ報告会(1年生) 入学試験(一般①)  消防訓練
1月 冬季休業(12月末から1月始めまで) 
2月 入学試験(一般②) 卒業研究・卒業制作発表会(2年生) 後期授業終了 成果発表会 
3月 卒業式 入学試験(一般③) 学校見学会  春季休業(2月末から)
周年   スクールカウンセラーによる相談会(8月と3月を除き毎月)

課外活動
名称 人数、活動内容等
お庭クラブ 16名。学外で行われるイベント、コンテスト等に、庭園を設計・施工し出展する。会費なし。活動日は不定期。 

生涯学習部門

 花と緑に関心のある人を対象に、花づくりから花飾り、緑化や植物の利用など幅広い講座を開設しています。講座は一般の方を対象にした講座と、花と緑の関連業界従事者向けがあります。

このページの先頭へ