[ここから本文です。]

花だより

2017年11月27日
紅葉まっ盛り

朝晩めっきり冷え込むようになり、キャンパス内の紅葉も見頃を迎えています。イロハモミジやニシキギの葉色が冴えてきました。また、この時期の花、イソギクも満開です。生産圃場の切花用ハボタンも色づいています。

 

DSC_0007 DSC_0010

滝流れの庭のイロハモミジとハウチワカエデ     イロハモミジの紅葉が冴えます

 

DSC_0011 DSC_0003

独特のニシキギの紅葉                  イソギクが満開です

 

DSC_0017 DSC_0016

オタフクナンテン                      切り花用ハボタンも色づいてきました

2017年10月26日
温室ではシクラメンが満開です

この時期になると県の農業フェスティバルに合わせてシクラメンが咲いてきています。農業フェスティバルで販売するためにこの時期に咲くように栽培・管理がされてきています。残念ながら、この週末の農業フェスティバルは、台風襲来の可能性があり、中止になってしまいました。嫁ぎ先を待っているシクラメンが花盛りです。

 

IMG_0163 IMG_0160

2017年10月26日
深まる秋の花

不順な雨天続きでしたが、今日は久しぶりの快晴 植物がいきいきと見えます。シュウメイギクはもう、終盤ですが、それに替わる花々が咲いてきています。ロックガーデンのダルマギクが淡いブルーの花を咲かせています。この野生ギクは日本の海岸に自生している植物です。とても野生とは思えないキクです。

 

IMG_0157 IMG_0152

ロックガーデンにはダルマギクが似合います    日本庭園にはツワブキが

 

IMG_0156 IMG_0151

ホソバヒイラギナンテンにも花が咲いてきました   フジバカマはもう終わりです

2017年10月05日
秋の花が咲き出しています

10月になり、朝晩めっきり気温が下がってきました。秋の花々の色が鮮やかになってきました。なんと言っても、秋といえば、コスモスでしょう。サルビアも綺麗です。また、学内には生垣に茶の木がずいぶん植栽されています。茶の花もこれからが最盛期です。茶はツバキ科ツバキ属(カメリア)で、ツバキやサザンカの花に似ています。

 

IMG_9257 IMG_9247

園芸実習療法園にはコスモスが毎年          サルビア・レウカンサ

こぼれダネで生えてきます。

 

IMG_9252 IMG_9254

切り花用として使われるクレマチス          至るところで茶が開花しています。

花茎が直立します。

 

2017年09月05日

9月になり、少し朝夕涼しくなってきました。キャンパス内、夏の終わりの花々を紹介します。この時期になるとボーダーをはじめ何箇所かに植栽されているパンパスグラスの花穗が見事です。開花初期の少し緑がかる頃の花穗がとても美しいです。暑さに強いトレニア、ボーダーのペンタスも綺麗です。ロックガーデンには、通常のヒガンバナに先駆けて、白花系のヒガンバナが咲いています。このヒガンバナは何かが交雑されたもののようです。毎年、ミソハギも見事です。

 

IMG_8379 IMG_8376

パンパスグラスが美しい         匍匐性のトレニア・コンカラー

 

IMG_8380 IMG_8377

ペンタスの赤色が冴えます              一足早いヒガンバナ

 

IMG_8381

ロックガーデンのミソハギ

このページの先頭へ