[ここから本文です。]

    2012年08月28日
    生涯学習「家庭でできる花の管理総合講座(第3回)」開催

    一般の方を対象に行っている生涯学習講座において、今井田准教授、前田講師による「家庭でできる花の管理総合講座」の第3回目を開催しました。最終回の今回は、実際に種まき、鉢上げ、挿し木を行いました。はじめに種子繁殖や栄養繁殖など、植物のいろいろな繁殖方法について講義を行い、それぞれの長所や短所、適用する植物などについて説明し、種まきや挿し木を行う上での注意事項なども分かりやすく解説しました。そして、講師による種まき、鉢上げ、挿し木のデモンストレーションが行われ、その後、受講者も実際に体験しました。

    3回にわたり行われた今回の講座ですが、受講者からは「大変参考になった」、「早く家庭で種まきや挿し木を行いたい」との声が聞かれました。

     

    講座の写真1  講座の写真2

    講師によるデモンストレーション            挿し木に挑戦する受講生

    2012年08月21日
    生涯学習「家庭でできる花の管理総合講座(第2回)」開催

    一般の方を対象に行っている生涯学習講座において、今井田准教授による「家庭でできる花の管理総合講座」の第2回目を開催しました。今回は土のはたらきと病害虫についての講義です。土の講義では、土の構造をはじめとして、土の中の肥料成分のバランス、微生物の話など、多岐にわたりわかりやすく解説しました。病害虫の講義では植物に発生するさまざまな病害や虫害について、一つ一つ説明し、その主な症状と対策について解説しました。受講生は普段、家庭で花を育てる際に病害虫で悩まされているためか、講義後の質問は病害虫に関することがほとんどでした。

    次回(最終回)は、8月28日に今井田准教授、前田講師が播種や挿し木の実践とともに植物の繁殖方法についての講義を行います。

     

    講義の写真  講義の写真

    植物に重要な土のはたらきとは・・・         病害虫対策には特に熱心な受講生

    2012年08月16日
    切花改植の準備

    お盆需要向けに栽培してきた切花のトルコギキョウ・アスターの収穫が終わり、切花生産温室では改植準備が始まっています。今日は、植物残さやフラワーネットを片づけて堆肥を施用しました。真夏の温室内ということで、非常に暑い中での作業になりますが、学生も一生懸命がんばってくれています。

     

    切花温室改植準備の写真

    切花温室改植準備

     

    大変な作業の傍らで、温室内ではアサガオが涼しげな花を咲かせています。ちょっと変わったアサガオで、采咲き(さいざき)と呼ばれる変化アサガオです。花弁が切れ込んで5枚に分かれ、ナデシコの様な咲き方をし、本葉の形も普通のアサガオと異なり、細長い形になっています。

     

    変化アサガオ(采咲き)の写真

    変化アサガオ(采咲き)

    2012年08月09日
    トルコギキョウの収穫

    アカデミーは夏休みに入って授業はありませんが、植物の生育は待ってはくれません。

    今日はお盆需要に向けて栽培してきたトルコギキョウの収穫を行いました。

    マイスター科生産コース専攻生は、複数の品種を栽培して生花市場や直売所で売れる品種の選定を行っています。

    自ら生産した切花を市場出荷したり、直売所で販売して、切花品種の商品性を評価することで、経営感覚を養うことができます。

     

    トルコギキョウの収穫の写真

    2012年08月07日
    生涯学習「家庭でできる花の管理総合講座(第1回)」開催

    一般の方を対象に行っている生涯学習講座において、前田講師による「家庭でできる花の管理総合講座」の第1回目を開催しました。まずはじめに、植物を管理するうえで欠かせない植物の生育のしくみについて講義がありました。植物の構造、代謝、生長、植物調整剤など少し難しそうなことを、スライドを使って分かりやすく解説しました。後半には切花を長く観賞する方法についての解説がありました。切り花の老化のしくみと対策を知り、水かえや鮮度保持の方法を学んだことで、受講者の家庭ではきっと長く切花が楽しめるようになったことでしょう。

    次回は、8月21日に今井田准教授が植物を元気に育てるための土づくり、肥料、病害虫対策について講義を行います。

     

    12080701  講義の写真2

    植物の生育のしくみとは・・・               熱心に聞き入る受講者

    このページの先頭へ