[ここから本文です。]

    2012年11月22日
    岐阜県職業能力開発協会長賞を受賞しました。

    第33回岐阜県職業能力開発促進大会が平成24年11月16日に大垣市情報工房で開催され、マイスター科造園緑化コース2年生の千村みずきさんが、技能検定2級園芸装飾(職種:室内園芸装飾作業)の成績優秀者として岐阜県職業能力開発協会長賞を受賞しました。

    これは技能検定の合格者のうち優秀な成績をおさめた者に与えられる賞です。

    なお、同大会にてフラワー装飾の技能五輪岐阜県大会成績優秀者として卒業生の池戸彩笑子さんが岐阜県知事賞を、同じく卒業生の山口智美さんが技能検定2級フラワー装飾の成績優秀者として岐阜県能力開発協会長賞を受賞しました。

     

    受賞した千村みずきさんの写真

    受賞した千村みずきさん

    2012年11月20日
    卒業研究・卒業制作Ⅱ(装飾コース)ディスプレイのメンテナンス

    マイスター科装飾コース2年生が、11月13・14日に花フェスタ記念公園にて施工したディスプレイのメンテナンスを行いました。

    痛んだバラの花弁や、咲き終わった花を丁寧に取ったり、水が下がってしおれてしまったキンギョソウは新しい花に挿し替えるなどしました。

    メインのアレンジメントは一度すべての花を抜き、作り直しました。この日以外にも2日~3日に1回ほどメンテナンスを行っています。こうして展示期間中、ディスプレイを美しく保つ努力をしています。

     

    メンテナンスの写真1   メンテナンスの写真2

     

    メンテナンスの写真3   メンテナンスの写真4

    2012年11月15日
    生涯学習講座「バラ育種講座(第3回)」開催

    「バラ育種講座」の第3回を開催しました。上田学長によるバラの果実や胚のしくみについての講義のあと、学内のバラ園において第1回の講座(5/24)で交配してできた果実の採取を行いました。

    そして、果実の中から種子を取り出す方法や発芽を促すための処理方法などについての講義があり、その手法を実演しました。その後は受講者が交配してできた果実を使って、種子を取り出す実践です。ピンセットを使って慎重に種子を取り出し、袋詰めにします。受講者はその種子を持ち帰り、各家庭で種子の休眠打破(バラの種子は熟すると休眠してしまうため、休眠からさますのに種子を湿らし、低温にあわせます)に挑戦します。来春にはどんな色、形、香りのバラが発芽してくるのか、受講者はとても楽しみにしていました。

     

    講座の写真1   講座の写真2

    2012年11月13日
    生涯学習講座「家庭でできる花の管理総合講座in岐阜市(第3回)」開催

    一般の方を対象に行っている生涯学習講座において、今井田准教授、前田講師による「家庭でできる花の管理総合講座in岐阜市」の第3回目を岐阜市のふれあい福寿会館で開催しました。最終回の今回は、実際に種まき、鉢上げ、挿し木を行いました。はじめに種子繁殖や栄養繁殖など、植物のいろいろな繁殖方法について講義を行い、それぞれの長所や短所、適用する植物などについて説明し、種まきや挿し木を行う上での注意事項なども分かりやすく解説しました。講師による種まき、鉢上げ、挿し木の実演が行われ、その後、受講者も実際に体験しました。今までの講義とは異なり、実際に植物を使って実習できたことは、受講者に大変好評でした。

    今回は学校を飛び出し、岐阜市での開催となりましたが、受講者からは「岐阜市でもっといろいろな講座を開催してほしい」との要望が多く聞かれました。

     

    講座の写真1   講座の写真2

    2012年11月08日
    卒業研究・卒業制作(装飾コース) ディスプレイ制作

    11月15日から11月26日まで、可児市の花フェスタ記念公園で、装飾コースの2年生によるディスプレイ展示を行います。

    6名の学生達は何日も前からディスプレイのテーマやデザインを話し合い、使用する資材を探したり、何回もシミュレーションを重ね、試行錯誤しながら準備をがんばっています。

    どんなディスプレイになるかは見てのお楽しみです。ぜひ、展示期間中に見に来てください!!

     

    ディスプレイ制作の写真1   ディスプレイ制作の写真2

     

    ディスプレイ制作の写真3   ディスプレイ制作の写真4

    このページの先頭へ