[ここから本文です。]

    2013年06月08日
    生涯学習「花育講座(寄せ植えづくり)」開催

    小学生とその保護者を対象に、吉田准教授による生涯学習講座「花育講座(寄せ植えづくり)」が開催されました。

    最初に、この講座で使用するセンニチコウ、ニチニチソウ、サルビアといった植物について説明し、鉢の中で、バランス良く見せるための配置や種類に合わせた根のほぐし方の実演を行いました。それから親子が協力して一つの寄せ植えを完成させました。家に持ち帰ってからの水やりや切り戻し等の管理についても質問があったことから、きっと、秋まできれいに管理されることでしょう。

     

    花の説明の写真  寄せ植えづくりの写真

    使用する花の説明                  親子で寄せ植えづくり

    2013年06月07日
    明日は学園祭!

    いよいよ、明日6月8日(土)は学園祭「第9回なんじゃ祭」です!

    今日は全員で準備をしました。

    実行委員長の大羽君から、準備の段取りや注意点等について説明があり、その後、各担当に分かれてテントを張ったり、花の販売コーナー、体験コーナー、模擬店の準備に全員が大忙しです。

    明日は、天気にも恵まれそうです。みんながんばりましょう!

     

    実行委員長より説明の写真  テント準備写真

    実行委員長より説明                   テントをたてます

     

    売り場づくりの写真1  売り場づくりの写真2

    各担当に分かれて売り場づくりを行います

    2013年06月06日
    学園祭の会場ディスプレイ制作

    6月8日(土)の学園祭の会場に、花き装飾コースの学生がディスプレイを制作しました。

    休憩所となる部屋の中と入口の2か所を2班に分かれて作業しました。

    休憩所内のディスプレイのタイトルは、「夏の思い出」、入口のディスプレイのタイトルは「水辺の花火」です。

    それぞれのテーマに沿って学生たちがデザイン、制作したディスプレイを学園祭当日は多くの方に見ていただけるといいですね。

     

    作品の土台制作の写真  作業の写真1

    作品の土台制作                   花を生けます

    作業の写真2       作業の写真3

    各担当に分かれて作業します

     

    制作したディスプレイ タイトル「夏の思い出」の写真       制作したディスプレイ タイトル「水辺の花火」の写真

    タイトル「夏の思い出」             タイトル「水辺の花火」

    2013年06月03日
    坂折棚田と銀の森

    マイスター科1年は「造園施工・管理実習Ⅰ」の授業で坂折棚田と銀の森を訪問しました。日本の棚田百選にも認定された坂折棚田は、開学当初から実習を行っているフィールドです。まず、NPO法人恵那市坂折棚田保存会の田口譲会長から坂折棚田の沿革について説明、その後、学生は坂折棚田の石積みモデルを見学しました。造園の石積みと同じように布積み、谷積み、乱れ積みが実際に積んであり、不安定な野面積みの一例である「八つ巻き」の実物も見ることができます。棚田ビオトープでは環境教育の視点から棚田の生態系について説明し、田植えを行いました。

    「銀の森」は「食」をテーマにした商業施設で、庭園の設計は東京の造園家である山田茂雄先生によるものです。和食店、和菓子店、洋菓子店、洋レストランなど趣の異なった建物が点在する造園空間の計画を上手くまとめているのが、この庭園の特徴です。入口から続く歩道の両側の芝築山は、山の中に入っていくイメージで、野趣あふれる薪積みと焚き火スペース、「食」を感じさせる葡萄棚、芝生広場の上の柵なしウッドデッキがありました。

     

    説明を聞く学生の写真  棚田の石積みモデルの写真

    説明を聞く学生                     棚田の石積みモデル

     

    目標種山赤ガエルの幼体の写真  棚田ビオトープでの田植えの写真

    棚田ビオトープの目標種山赤ガエルの幼体          棚田ビオトープでの田植え

     

    実習中の写真

    実習中のひとコマ

    このページの先頭へ