[ここから本文です。]

    2013年09月13日
    生涯学習「季節の庭づくり講座 in 岐阜市」開催

    一般の方を対象に行っている生涯学習講座において、百海准教授による「季節の庭づくり講座 in 岐阜市」を岐阜駅前の岐阜大学サテライトキャンパスで開催しました。夏の暑い時期は、植物も元気がなくなり花も少なくなるのですが、そんな時期にも楽しめるカラーリーフや樹木を使った庭の楽しみ方について説明がありました。赤系、黄色系、青系の植物の種類や実際の公園等での色の組み合わせ例について、パワーポイントや実際の植物を使って分かりやすく講師が解説しました。

    講座終了後に自宅の庭でのカラーリーフ等の使い方について質問されている方もあり、庭の楽しみ方の幅が増えたのではないでしょうか。。

    次回の岐阜大学サテライトキャンパスでの生涯学習講座は、11月28日に鹿野教授による「花のスケッチ講座・はじめの一歩 in 岐阜市」を予定しています。

     

    熱心に受講する参加者の写真    説明の写真

     

    熱心に受講する参加者             パワーポイントと実際の植物を使った説明

    2013年09月10日
    岐阜生花市場を視察しました。

    園芸流通概論の学外実習で岐阜生花市場(岐阜市前一色、岐阜生花市場協同組合 理事長 毛利 僚)を視察しました。

    前田市場長から、全国には180もの花き市場があること、岐阜は花屋が他県と比べ多いことなど、全国の状況から岐阜の地域の状況まで詳しく説明いただきました。

     

    概要説明の写真 事務所での説明の写真

     

    前田市場長からの概要説明             事務所での説明。7年前に卒業した先輩にも会えました

     

    セリ場で説明の写真

     

    セリ場で説明では、国際園芸アカデミーで生産し出荷しているトルコキキョウに期待しているとのお言葉をいただきました。

    2013年09月03日
    ハーブ・リップクリームを作りました

    園芸利用論では園芸福祉活動(農園芸活動を通じて幸せになる)のひとつとして、非常勤講師の影山むつみ先生(アトリエファブル)を招き、ハーブ・リップクリームを学生が作りました。材料はスクアランオイル、シアバター、ビーズワックス、パーム乳化ワックス、ローズウォーター、精油(ペパーミント、レモングラス、ユーカリ、ローズマリー、スイートオレンジなど)です。ハーブティとして飲むことのできる植物の精油を利用しているので、リップクリームとして使用しても違和感がありません。今回学習した、ハーブ・リップクリームの制作は植物が少なく、唇が乾燥する冬季の園芸福祉活動として、活かせることができると思います。

     

    ハーブ・リップクリームの基礎となる材料を湯煎する    自分の好きな精油(香り)をいれる

    ハーブ・リップクリームの基礎となる材料を湯煎する。    自分の好きな精油(香り)をいれる。

     

     

    瓶の中で混ぜる

     

    瓶の中で混ぜる。

    このページの先頭へ