[ここから本文です。]

    2015年04月06日
    入学式準備

    装飾コース新2年生によるアカデミー入学式の会場装飾とコサージ作り。新しい仲間である新入生へ先輩から心を込めた歓迎のしるしとして会場を飾り、不安と期待にはずませた胸にエールの意味にも似たコサージを付けるアカデミーの伝統行事です。1年前は新入生としてこの日を迎えた新2年生が、大きく成長し、自分たちで作品デザインを決め、花材を調達し、作業をします。頼もしくなった先輩達の姿に新入生も憧れ、そして後に続くように勉学に励んでくれることでしょう。明日が待ち遠しいです。

     

    壇上横メインのアレンジを作成中

    壇上横メインのアレンジを作成中

    新入生と来賓用のコサージ作り

    新入生と来賓用のコサージ作り

     

    2015年04月02日
    トルコギキョウ定植(生産コース)

    3月末までヒマワリを栽培していたハウスに、トルコギキョウ(切花)を定植を行しました。
    今日定植を行ったトルコギキョウは、需要期であるお盆出荷目指して栽培しています。
    生産コースではトルコギキョウのお盆出荷に向けて、これまでに、品種特性の調査や赤色光ランプによる開花調節技術について卒業研究で取り組んできており、生産コースでも特に力を入れている品目のひとつです。

    トルコギキョウの定植

    トルコギキョウの定植

    気温も比較的低く、曇り空で定植には絶好の天候でしたが、満開の桜のとってはあいにくの天気でした。

    満開の桜

    満開の桜

     

     

    2015年04月02日
    春休みの花き生産コース(卒論)

    本日、卒論で用いるトルコギキョウの苗を定植しました。テーマは、植物成長ホルモンの一種であるジベレリンがトルコギキョウの生育に与える影響についてです。早生系のトルコギキョウは、草丈が低く、出荷基準に満たない品種が見られることから、ジベレリンを処理することで改善できないかと考え、処理時期や処理濃度を変えて実験を行います。うまくいくといいなぁ。

    DSC_0031

    いいデータが取れますように。

     

    2015年04月01日
    春休みの花き生産コース(切り花)

    桜が満開に近づく頃、花き生産コースでは、お盆に向けたトルコギキョウの定植準備を行います。圃場を起こし、畝をたて、たっぷりかん水した後に施肥を行い、マルチを張って準備OK!花き生産コース新2年生の最初の仕事です。慣れない機械や、マルチ張りなどで疲れたことでしょう。

    まっすぐ進めるかな?

    DSC_0026

    みんなで畝をならしましょう!

    DSC_0027

    うまくマルチが張れるかな?二人の呼吸を合わせることが重要です。

     

     

    このページの先頭へ