[ここから本文です。]

    2016年06月30日
    花フェスタ記念公園花トピア前庭園制作

    造園緑化コース2年生の卒業研究・卒業制作Ⅰの授業で、昨年度に引き続き花フェスタ記念公園花トピア前の庭園制作に取り組みました。今年の庭のテーマは『親子で楽しむ小さな自然』で公園を訪れた親子が庭を楽しめるよう、花だけでなく遊びの要素を取り入れたデザインとしました。また、省メンテナンスとなるよう植栽地を減らしたり、成長の遅い植物材料を選択しました。6月9日に既存樹木の伐根、土壌改良、高木植栽、景石の据付まで行い、6月27日から29日までの3日間で自然石舗装敷設、池を表現する砂利敷設、低木・宿根草の植栽、仕上げを行い完成しました。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

    施工前の敷地                      クレーンで景石を吊り上げ配置

    OLYMPUS DIGITAL CAMERADSC_0394

    バーク堆肥を漉き込んで土壌改良          低木・下草の位置出し

    OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

    敷石園路の設置                                             仕上げと掃除

    DSC_0412DSC_0411

    完成(全景)                                 完成(正面)

    DSC_0398OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    花トピア室内からの景                  池周辺の植栽

    DSC_0414

    敷石周辺の植栽

    2016年06月24日
    植物管理基礎実習

    当校では「植物管理基礎実習」を通して植物の管理を学びます。学内では「水やり当番」とも呼ばれています。学生が1週間交代で、1時間目開始前の45分、4時間目終了後30分、土曜日は朝夕1時間、学内の植物管理を通し、約1年間学びます。

    1年生は5月から授業がスタートします。最初の2か月間は2年生がマンツーマンで指導をしてくれます。7月からは1年生のみで行わなくてはなりません。来週から独り立ちする前に、本日の授業で各エリアのこれからの時期の水やり方法の確認を行いました。園芸業界では「水やり3年」とよく言われます。水やりは植物を育てるのに最も重要で、最も難しい作業です。植物の様子を見ながら適したタイミングで適した量をあげられる様になってください。

     

    IMG_2219    IMG_2264

    各温室担当の先生方から理想の水やり方法の指導を受けました。温室・植物・人によって異なります。

    正しい水やり方法はひとつではのです。

     

    IMG_2243   IMG_2211

    上田学長からローズガーデンのカミキリムシの被害にあったバラの解説。

    病害虫を早期に見つけるのも当番の任務です。

    2016年06月23日
    花き生産流通実習Ⅰ(鉢物・苗物)

    1年生の実習で種から栽培してきたマリーゴールド・ニチニチソウなど、花壇苗の出荷がようやく一段落しました。ホッと一息つくまもなく、今日は秋・冬出荷に向けてシクラメンの鉢替えを行いました。昨年の11月に1年生(今の2年生ですね)が播種し、今年3月にポット上げした苗を5号鉢に植え替えていきます。梅雨の晴れ間ということで、温室内は湿度・気温とも高かったですが、一鉢一鉢丁寧に鉢替え作業を行ってもらいました。

    シクラメンの鉢替え

    シクラメンの鉢替え

    2016年06月18日
    アートまるケットワークショップ第2弾『小さな花のお引っ越し』

    岐阜県美術館でアートまるケット『ながれミながら』のワークショップ第2弾『小さな花のお引越し』が開催されました。

    5月15日の『まきまきタネまき』のワークショップで撒いた種が順調に芽を出したハンギングバスケットに、直径2~3㎝のプラグ苗を植えました。この日は岐阜市が34度を記録するほどの暑さでしたが、たくさんの参加者の皆さんのおかげで、約600鉢に植えることができました。約1か月間、美術館の中庭で管理され、7月16日から巨大オブジェを彩ります。大きく育っていく苗を見に来てください。

     

    IMG_2052   IMGP7860

    ダンボールアート(?)の看板は1年生が製作!        日比野館長もお引越しWSに参加

     

    IMG_2086   IMG_2098

    ・              暑い中 参加者の皆さんありがとうございました

     

    IMG_2070    IMGP7877

    「たくさんお花を咲かせるかなぁ」                7月16日まで中庭で大きくします

    2016年06月14日
    ロープワークによる樹木特殊伐採実習

    造園緑化コース2年生の授業『造園施工管理実習Ⅲ』で、ロープワークによる樹木の特殊伐採技術の実習を行いました。この技術を使用して業務を行っている株式会社中電不動産の伊藤氏と中島氏の二人を講師として半日ご指導いただきました。実習に供した樹木は、樹高20mのアベマキで駐車場や道路側に張り出した枝をチェーンソーで伐採し、ロープで吊りながら安全に所定の位置に降ろすという内容です。登高用の金具をロープと身体に取り付けロープを登り降りする体験をした後、伐採枝を吊り降ろすためのロープ・システムを樹木にセッティングする方法を講師の指導に従って行いました。その後、講師がチェーンソーで伐った枝を無事に地上に吊り降すことができました。また、ロープの様々な結び方も教えていただき、学生にとって新しい技術を学ぶことができた充実した実習となりました。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

    ロープによる登り降り作業

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    ロープシステムの説明

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    伐採枝の吊り降るし作業

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    ロープの結び方実習

     

    このページの先頭へ