[ここから本文です。]

    2018年09月07日
    花フェスタ記念公園での植栽

    花修景実習Ⅲ(マイスター科2年)の授業が、9月7日(金)、花フェスタ記念公園にておこなわれました。当日は雨が予想されましたが、時より小雨があったものの曇り空の天気のもと、実習をすることができました。20区画あるうち6区画を利用して、学生はマリーゴールドとケイトウなどを植栽、その後、コスモスの花がら摘みもおこなりました。

    花修景実習Ⅲの授業風景

    花修景実習Ⅲの授業風景

    マリーゴールドやケイトウを植栽する学生

    マリーゴールドやケイトウを植栽する学生

     

    2018年09月05日
    白鳥庭園の見学

    9月5日(水)の造園施工・管理実習Ⅲの授業は学外視察でした。視察先は敷地面積約3万7千㎡の土地に、本館となる清羽亭や池泉を配した現代の日本庭園である白鳥庭園(名古屋市熱田区)。非常勤講師の説明を受けながら学生は、まず日本庭園を見学、その後、清羽亭の中を見学させていただきました。

    池泉と清羽亭を見学する学生

    池泉と清羽亭を見学する学生

    渓流にある沢飛び。大振りな石を使用。

    渓流にある沢飛び。大振りな石を使用。

     

    2018年09月05日
    台風21号襲来!の爪痕

    9月4日に上陸し関西を中心に多くの被害を出した台風21号は、記録的な暴風雨と高波で各地に被害をもたらしましたが、園芸アカデミーのキャンパスでも大きな被害はなかったものの樹木が倒れたり傾いたりと被害が出ています。

    職員によって速やかな対応をするとともに、樹木の立起こしなどは災害対応につながる実践的な教材として造園緑化コースでの実習で行う予定です。

     

    2018.9.5.1  2018.9.5.3  2018.9.5.4  2018.9.5.2

    2018年09月05日
    ドイツで研修中の松岡さんが訪問

    8月31日、今年アカデミーを卒業した松岡奈那さんですが、3月から海外農業研修制度を利用してドイツのアーヘンの造園会社で研修をしています。松岡さんが家族の結婚式のため一時帰国したため、忙しい合間をぬってアカデミーを訪問してくれました。
    今西学長にドイツでの研修の様子を報告してくれました。

     

    海外研修から一時帰国した松岡さん

    海外研修から一時帰国した松岡さん

     

    松岡さんはドイツで個人邸の庭の管理を中心に仕事をしているとのことです。庭を見ること(景)に重きを置く日本と、庭で家族が楽しむ事(用)に重きを置くドイツの文化の違いから、造園業者の業務も大きく違うことを説明して頂きました。

     

     

    このページの先頭へ