[ここから本文です。]

教員ブログ

2019年03月04日
サクラの生産に向けて

花き生産コース1年生が、サクラの生産に向けて挿し木に挑戦しました。学内にある12品種のサクラの木から挿し穂を調整し、三種類の培養土に挿しました。6月の芽の吹いた時期にもう一度挿し木をします。うまく発根してくれるかな?
夜は、「花の咲く盆栽商品」の研修会に参加しました。講師は、昨年11月に視察でお邪魔した愛知県西尾市の明松園代表の犬塚さん。サクラの盆栽について、流通状況から栽培方法、盆栽としての正しい仕立て方まで丁寧に説明していただきました。最後にはビッグなお土産(宿題!?)までいただき、ありがとうございました。

サトザクラ’カンザン’の挿し穂採り。学内には12品種のサクラがあります。

IMG_1475

赤玉土、鹿沼土、調整ピートモスに挿し木。発根具合の違いを調べます。

IMG_1476

「花の咲く盆栽研修会」にて。講師の犬塚さん(左)から、サクラの盆栽の作り方について2時間みっちりと教えていただけました。

IMG_1480

このページの先頭へ