[ここから本文です。]

教員ブログ

2019年11月26日
フラワーデザイン実習Ⅱ・フローリストナイフとBOXフラワー

今日の実習はフローリストになるために不可欠なフローリストナイフの使い方からです。

フローリストナイフとは、花屋さん為の特殊な片刃ナイフです。

このナイフを使いこなせればアレンジメント制作も早くなり、配達などで花が抜けにくくなり、

切り花の水の吸い上げもよくなるので花の持ちがよくなります。

最初はみんな恐る恐る使っています。

インターンシップで使って手を切ってしまった学生もいました。

「ナイフで手を切った子はその後切らなくなって、ナイフの使い方がうまくなるのよ!」

と、先生はまことしやかな花屋伝説を伝え励まします。

 

フローリストナイフの指導をする林先生と指導を受ける学生 フローリストナイフの切り方の練習をする学生

 

その後、

ナイフで茎を切りまくり短くなった花でBOXフラワーの制作です。

ノーマル・クリスマス・お正月と3つのバージョンの制作課題が与えられました。

小物を入れたり、葉物・実物などを足して印象を変えました。

 

BOXフラワーを制作する学生 BOXフラワーを制作している様子

BOXフラワーを制作している様子 完成したBOXフラワーを持つ学生ら

 

完成後は実習棟前の芝生の上に様々なパターンで置いてみました。

四角・九の字・重ねたり・・・

BOXフラワーの飾り方の応用を学びました。

完成したBOXフラワー9つを四角く並べた様子  完成したBOXフラワーをくの字に並べた様子

このページの先頭へ