[ここから本文です。]

教員ブログ

2019年10月07日
花き生産流通実習Ⅱ(切り花)

10月1日から後期の実習が始まりました。今日は、9月3日に4号温室に定植したスプレイギクの芽の調製と露地で栽培している高性種ハボタンの葉かきを行いました。スプレイギクは9月10日に摘心を行い、脇芽が1株から数本のシュートが伸長してきたので、1株に3本程度のシュートが生育するように調製しました。4本以上残すと収穫時にシュートが細くなり品質が低下します。これからは芽かきが始まります。一方、高性種ハボタンは、主に切り花として取り扱われ、年末出荷となります。収穫までに3回程度葉かきを行います。1年生のみなさん、両品目とも12月出荷となります。がんばって管理していきましょう。

 

DSC_0810

 

 

 

 

 

 

 

スプレイギクのシュートを3本程度に調製します。

 

 

 

 

DSC_0813

 

 

 

 

 

 

 

上から10㎝程度の葉を残して下葉を除去します。主軸は折らないようにしましょう

 

このページの先頭へ