[ここから本文です。]

トピックス

2017年10月27日
モロッコ王国から研修員が来校

岐阜県とモロッコ王国ウジュダ・アンガッド府は友好交流に関する覚書を交わしています。その交流事業の一環として、平成29年10月10日から20日まで同府の建築環境部緑地課長ジャワッド・メリミさんが研修員として来日されました。国際園芸アカデミーでは、花フェスタ記念公園の視察、秋冬花壇の植栽、日本庭園実習、マツの病害虫防除とハナショウブの移植(岐阜県百年公園)、国営木曽三川公園(138タワーパーク、河川環境楽園)や各務原市の公園(各務原市総合運動公園、学びの森、瞑想の森)の視察といった内容の研修をして頂きました。メリミさんは平成21年にも国際園芸アカデミーで研修をおこなっており、より深く日本の公園緑地について理解されたことでしょう。

花修景実習Ⅱの非常勤講師の天野麻里絵さんとも交流

花修景実習Ⅱの非常勤講師の天野麻里絵さんとも交流

雨天のため室内にて竹垣を制作

雨天のため室内にて竹垣を制作

木曽三川公園138タワーパークを視察するモロッコ研修員

木曽三川公園138タワーパークを視察

各務原市「瞑想の森」を視察するモロッコ研修員

各務原市「瞑想の森」を視察

トピックス一覧はこちら

このページの先頭へ