[ここから本文です。]

花だより

2018年08月07日
まだまだ暑い夏が続きます!

この炎天下の中でも忘れずに花を咲かせる夏の花木の代表が「夾竹桃(キョウチクトウ)」と「百日紅(サルスベリ)」です。

「夾竹桃(キョウチクトウ)」は、広島で原爆が落ちた後で最初に花を咲かせた植物であったことから復興のシンボルとされました。夾竹桃は「竹と梅を混ぜた」というような意味で、葉が竹に似ていて、花が桃に似ていることにちなみます。花言葉は「注意」「危険」「用心」です。

「百日紅(サルスベリ)」は、サルもすべるほどつるっとした幹が特徴的です。百日紅は夏の盛りに百日近く咲き続けることに由来するといわれます。花言葉は「愛嬌」「雄弁」です。

花の彩りがない時期には、ありがたい樹木です。

 

2018.8.7.1  2018.8.7.2

2018.8.7.3  2018.8.7.4

このページの先頭へ