有限会社長良園芸代表取締役

安藤功治さん

本社所在地 岐阜市長良903
事業内容 花苗、植木、切花、園芸用品等の販売

仕事内容

1972年に植木や花苗の販売店を創業し、1976年に法人化しました。その後、岐阜環状線の開通に伴い1995年に現在の地でガーデンセンターとして開業し、今に至っています。創業50周年を迎え、現在は4名の社員とパートで店舗を運営しています。苗物、鉢物、切花、植木、園芸用品等の販売や、アレンジメントや寄せ植え等の教室を開催しており、花の仕入れ、値付け、販売、接客が主な仕事です。一人でも多くの方に花や自然の良さに触れてもらい、長く花を愛して欲しいという思いをお客様にお伝えするため、植物の基本的な知識から水やりの方法、適切な肥料の与え方といった具体的な育て方まで、親身になってお客様とお話をしていく接客を心掛けています。

求められるスキル

お客様の欲しいと思っているものは何かを正確に把握して、その要求に対してよりよいものを提案することで、親身な接客を実現できると考えています。そのためには、植物についての豊富な知識が必要です。また、相手の言葉の意図を汲み取り、それに対して適切な提案を行うためのコミュニケーション能力が大切です。また、近年はSNSによる情報発信の重要性も増しており、ターゲットとする客層を意識したコンテンツの作成能力も必要なスキルの一つとなってきています。

国際園芸アカデミー出身者の印象

現在、当店では国際園芸アカデミー出身者が3名入社しています。それぞれが業務を忠実に行えるだけではなく、世代の離れた従業員とも明るく楽しい雰囲気でお店の運営に加わっており、和を大切にできている印象が強いです。植物を扱う基本技術に加えて、今までの当店にはなかった良い意味での個性的で華やかな色彩感覚があるため、より幅広い世代に対応した商品の多様性が生まれたと感じています。また、一定の予算内で花の魅力を引き出す寄せ植え商品を短時間で制作できる力もあり、在学中に多くの花に触れた経験が仕事でも活かされていると思います。2年という在学期間では難しいかもしれませんが、低木や宿根草類などについて、植栽後の生長の様子を学校でしっかり学べると良いと思います。