昭和造園土木株式会社

横谷 健さん

就職先 昭和造園土木株式会社 工事課
卒業学科 造園緑化コース 2017年度卒業
(飛騨高山高校 環境科学科卒)

園芸アカデミーでの学び

私は高山市出身で、子どもの頃から山仕事や農作業など、自然とふれ合う機会が多くありました。そうした体験の中で、私も「将来は、体を動かして木や植物を扱う仕事がしたい」と考えるようになりました。もともとは高校卒業後に就職を考えていたのですが、高校の先生から国際園芸アカデミーを勧められ、在学中に就職につながる資格を取得できる点に惹かれて、進学を決めました。

在学中、最も思い出深いのは、卒業研究の庭づくりです。施工リーダーを任せてもらい、測量からタイル張り、ブロック積みなど、1からみんなで意見を出し合って、1つの庭をつくる楽しさを学びました。また木の勉強はもちろん、花壇実習で花を植える際の知識も得ることができたことが、今の仕事にも活かされていると思います。

現在の仕事内容

1年目は先輩の仕事について、掃除や草引きなどのサポート業務をしながら、仕事の流れや基本的な作業を学びました。2年目からは、個人宅の庭にある木の剪定を担当させてもらっています。

担当させてもらっている仕事は、自分で必要な道具や人数、スケジュールなどを考えて段取りをつけなければいけません。周りの先輩に分からないことを聞きながら、スムーズに作業が進むように心がけています。予定よりも早く完成できた時は、とても嬉しいです。

これからの目標・メッセージ

例えば、設計図通りに庭をつくるとしても、木1本1本の向きや配置などは、作業をする人の裁量に任されています。自分の中で完成形をしっかりと思い描き、お客様にその意向を伝えて相談をしながら、自分なりの庭をつくっていけるようになりたいです。

 国際園芸アカデミーでの2年間では、同じ目標を持つ多くの仲間に出会うことができました。今でも、私と同様に造園の仕事をしている友人と連絡を取り、仕事について話すことが、大きな励みになっています。専門的な学習とともに、そうした仲間づくりができるのも、アカデミーの魅力だと思います。