Meister Course

造園緑化
コース

花と緑の造園空間の創造

造園・緑化に関するデザイン、設計・施工、維持管理技術を学びます。
造園は主に植物や石材、木竹といった自然素材を使いながら、快適環境(アメニティ)を創造することです。近年ではランドスケープというように従来の庭園や公園、街路樹はもとより、屋上・壁面緑化、ビオトープなど概念が広がった造園空間は、人々に潤いと安らぎをもたらし、環境を改善します。造園緑化コースではこれら空間を設計、施工、管理・運営するための知識や技術、感性について学びます。

授業紹介

Lecture Introduction

  • 造園施工・管理実習

    石組みなど造園空間の施工や植物の生育特性に合わせた剪定や管理方法について学びます。

  • 花修景実習

    花を使った造園空間の創造について学びます。学内やぎふワールド・ローズガーデンの実習フィールドも活用します。

  • 卒業研究・卒業制作

    これまで学んだ知識と技術の集大成として、それぞれの課題に取り組むことで、課題解決能力の向上を図ります。

学生紹介

Students Introduction

纐纈 大喜さん
(マイスター科造園緑化コース令和3年度卒業)

(岐阜県立加茂農林高等学校出身)
株式会社交和造園勤務

Q

国際園芸アカデミーに入学したきっかけは何ですか?

農林高校の造園を教えている先生に紹介されました。
実家が造園業をしていて、将来、跡を継ぎたいと思い、もっと勉強する必要性を感じたためです。

Q

学んで楽しい授業とその理由を教えてください。

「卒業研究・卒業制作」です。庭を造ることが好きだからです。

Q

アカデミーに入学して良かったことは何ですか?

造園の施工技術や樹木についての知識を得ることができたこと、また2級造園技能士といった資格を取得することができたことです。

Q

学校生活で一番楽しいことは何ですか?

国際園芸アカデミーは実習をする時間が多く、その内容も充実しているため、毎日楽しく授業を受けています。

Q

アカデミーに入学して良かったことは何ですか?

造園の施工技術や樹木についての知識を得ることができたこと、また2級造園技能士といった資格を取得することができたことです。

纐纈 大喜さんの2年前期時間割

1時間目 2時間目 3時間目 4時間目
卒業研究・卒業制作Ⅰ 花修景実習Ⅲ
キャリアデザインⅡ
造園施工・管理実習Ⅲ
造園計画演習 商品動向リサーチⅡ

他 植物管理基礎実習Ⅲ、海外視察研修を受講しています。
※纐纈さんが履修した実際の時間割です。

卒業生紹介

Graduate Students Introduction

福島栞里さん
(マイスター科造園緑化コース令和2年度卒業)

株式会社豊田緑化苑勤務 愛知県立猿投農林高等学校出身

Q

どんな仕事をしていますか?

今は街中の小さな公園、川沿いの公園の年間管理を中心に個人邸の剪定や工場の緑地管理等を行っています。
また、個人邸のCAD図面も作製しています。

Q

国際園芸アカデミーで学んだことで、今どのようなことが役立っていますか?

「造園施工・管理実習」「造園学概論」等で学んだことは現場でそのまま活用することが出来ています。
取得した資格もすぐに仕事上求められるものだったため、学生のうちに取得しておいて良かったと感じています。

Q

今の目標は何ですか?

現在は先輩の指示に従いやるべき事をこなすだけで精一杯なので、効率の良い動き方や作業の流れをしっかり把握して+αの動きができるようになることが今の目標です。

Q

アカデミーで学ぶ後輩に一言

働き始めて、課外活動や他コースの授業で幅広く学べたことが本当に良かったと感じる機会が多いです。
学生らしい青春も楽しみつつ、授業内外で貴重な経験をたくさん積んで欲しいと思います。

卒業生の主な進路

    • 公益財団法人愛知県都市整備協会(愛知県)
    • 株式会社石勝エクステリア(東京都)
    • 川田造園(愛知県・一宮市)
    • 北澤造園(京都府)
    • 株式会社交和造園(関市)
    • 株式会社小林造園(京都府)
    • 株式会社三五郎園(愛知県・大口町)
    • 東建塩河カントリー倶楽部(可児市)
    • 株式会社豊田ガーデン(愛知県・豊田市)
    • 株式会社豊田緑化苑(愛知県・豊田市)
    • 公益財団法人横浜市緑の協会(神奈川県)
    • 株式会社横山造園(北海道)
    • 吉村造園土木株式会社(岐阜市)    など

    教員紹介

    Teachers Introduction

    ひとつの造園作品を造るにはさまざまな知識や技能が必要になります。
    造園緑化コースでは知識や技能を網羅的に学びながら、
    これらを総合化するためぎふワールド・ローズガーデンや学内で小庭園を制作します。

    • 学長
      (園芸文化研修 公園・緑化概論 他)

      今西良共Yoshitomo Imanishi

      千葉大学園芸学部環境緑地学科卒業。名古屋市役所に入庁し公園緑地の計画から管理運営まで幅広く携わり退職後に現職に就く。公園管理運営士、1級造園施工管理技士。大学の非常勤講師や国及び地方公共団体の審議会等の委員歴任。

    • 教授/博士(造園学)
      (造園学概論 花修景実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 他)

      相田 明Akira Aida

      東京農業大学大学院農学研究科博士後期課程修了。同大学造園科学科助手を経て現職。各務原市緑審議会長・景観審議会委員、日本造園学会中部支部副支部長、日本造園修景協会東海支部副支部長、NPO法人日本園芸福祉普及協会監事など。

    • 准教授
      (造園施工・管理実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 造園工学・施工論 他)

      新井 俊宏Toshihiro Arai

      東京農業大学農学部造園学科卒業。(株)アーク造園設計事務所を経て岐阜県庁入庁。花フェスタ記念公園、都市公園課などを経て現職。1級造園施工管理技士、1級土木施工管理技士、1級造園技能士、技術士補(建設部門)などの資格を持つ。