Meister Course

造園緑化
コース

花と緑の造園空間の創造

造園・緑化に関するデザイン、設計・施工、維持管理技術を学びます。
造園は主に植物や石材、木竹といった自然素材を使いながら、快適環境(アメニティ)を創造することです。近年ではランドスケープというように従来の庭園や公園、街路樹はもとより、屋上・壁面緑化、ビオトープなど概念が広がった造園空間は、人々に潤いと安らぎをもたらし、環境を改善します。造園緑化コースではこれら空間を設計、施工、管理・運営するための知識や技術、感性について学びます。

授業紹介

Lecture Introduction

  • 造園学概論

    庭園、公園、自然公園、景観、屋上緑化など特殊緑化、ビオトープ、花と緑のまちづくりといった造園学(ランドスケープ)の概論を学ぶと同時に、日本や海外の庭園・造園の歴史について知見を深めます。

  • 花修景実習

    花を使った造園空間の創造について学びます。学内の実習地はもちろん、学外の花フェスタ記念公園の本学実習フィールドも活用します。

  • 卒業研究・卒業制作

    学内や花フェスタ記念公園実習フィールド造園緑化エリアで小庭園の設計・施工をします。

学生紹介

Students Introduction

石原 椋人さん
(マイスター科造園緑化コース2年)

(長野県須坂創成高等学校出身)

Q

国際園芸アカデミーに入学したきっかけは何ですか?

兄に紹介されました。花と緑の広い知識や技術を学びたいと思ったからです。また、日本庭園だけでなく西洋庭園などさまざまなことを学びたかったからです。

Q

学んで楽しい授業を一科目教えてください。

「造園施工・管理実習Ⅰ」です。樹木の剪定をして切り終わったときに綺麗になった姿を見ると嬉しくなります。

Q

当校に入学して良かったことは何ですか?

花と緑に関する事が幅広く学ぶことができ、知識や技術が高まります。

Q

学校生活で一番楽しいことは何ですか?

高校の時と違い、話しやすい人が多く、人見知りの自分ですが楽しく学校生活を送っています。同級生と造園の専門的な話ができ、互いの知識や技術が深まります。

石原 椋人さんの1年生前期時間割

1時間目 2時間目 3時間目 4時間目
園芸流通概論 園芸装飾実習Ⅰ/花修景実習Ⅰ
栽培・生産論 植物生理学 花き生産流通実習Ⅰ
フラワーデザイン実習Ⅰ
造園施工・管理実習Ⅰ 花き生産流通実習Ⅰ
G.C.H.Ⅰ 造園学概論

※「/」で区分された科目は隔週開講です(今週開講科目/翌週開講科目)
※G.C.H. I : Global Communication in HorticultureⅠ

卒業生紹介

Graduate Students Introduction

株式会社三五郎園勤務

杉山直樹さん/愛知県立稲沢高等学校出身 マイスター科造園緑化コース平成30年度卒業
石川琢人さん/愛知県立鶴城丘高等学校出身 マイスター科造園緑化コース令和元年度卒業
尾関蓮さん/愛知県立春日井西高等学校出身 マイスター科造園緑化コース令和元年度卒業

Q

今どんな仕事をしていますか?

従業員約15名の造園施工・管理会社に勤務しています。日本庭園を得意とする会社で、個人庭園や料亭、公園、ゴルフ場、工場緑化、街路樹の施工や植栽管理を手掛けています。

Q

国際園芸アカデミーで学んだ中で、今どのようなことが役立っていますか?

樹木の枝葉の部分を見て、その樹木名を判断する試験が現場で役に立っています。(杉山)
卒業制作の小庭園の舗装でのモルタル施工です。(石川)
「造園学概論」の授業がきっかけで、造園様式の変遷など基礎的な歴史から興味を持ち始め、今では社長に本を貸していただくなど庭園への関心が深まりました。(尾関)

Q

今の目標は何ですか?

現在は指示を受けながら仕事をしているが、現場を任せてもらうようになりたい。(杉山)
まだまだ教わることばかりなので、もっと自分でできるようになりたい。(石川)
将来の庭づくりに活かすために、より多くの庭を見学したいと思います。社長にも言われましたが、とにかく多くの庭を見ていくうちに、作庭時期や様式の違いが分かってくるそうです。(尾関)

卒業生の主な進路

  • 株式会社明智ゴルフ倶楽部(恵那市)
  • 株式会社石勝エクステリア(東京都)
  • 株式会社小林造園(京都府)
  • 株式会社三五郎園(愛知県・大口町)
  • 昭和造園土木株式会社(岐阜市)
  • 株式会社豊橋園芸ガーデン(愛知県・豊橋市)
  • 公益財団法人名古屋市みどりの協会(名古屋市)
  • 株式会社花豊造園(京都府)
  • 株式会社プラネット(愛知県・豊橋市)
  • 吉村造園土木株式会社(岐阜市)
  • 岐阜県職員
  • 大野町職員    他

教員紹介

Teachers Introduction

ひとつの造園作品を造るにはさまざまな知識や技能が必要になります。
造園緑化コースでは知識や技能を網羅的に学びながら、
これらを総合化するため花フェスタ記念公園や学内で小庭園を制作します。

  • 学長
    (園芸文化研修 公園・緑化概論 他)

    今西良共Yoshitomo Imanishi

    千葉大学園芸学部環境緑地学科卒業。名古屋市役所に入庁し公園緑地の計画から管理運営まで幅広く携わり退職後に現職に就く。公園管理運営士、1級造園施工管理技士。大学の非常勤講師や国及び地方公共団体の審議会等の委員歴任。

  • 教授/博士(造園学)
    (造園学概論 測量・製図実習 他)

    相田 明Akira Aida

    東京農業大学大学院農学研究科博士後期課程修了。同大学造園科学科助手を経て現職。各務原市緑審議会長・景観審議会委員、日本造園学会中部支部副支部長、日本造園修景協会東海支部副支部長、NPO法人日本園芸福祉普及協会監事など。

  • 准教授
    (造園施工・管理実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 造園工学・施工論 他)

    新井 俊宏Toshihiro Arai

    東京農業大学農学部造園学科卒業。(株)アーク造園設計事務所を経て岐阜県庁入庁。公園緑地課、花フェスタ記念公園、都市公園課などを経て現職。1級造園施工管理技士、1級土木施工管理技士、技術士補(建設部門)などの資格を持つ。