Meister Course

花き生産 コース


新しい価値を生み出す種をまく

花きの生産技術や商品企画、現場のマネージメントを学びます。
花き生産コースでは、学生自ら栽培計画・圃場管理を行い、生産物の市場・直売所出荷により植物を「商品」として扱う考え方も身に付け、生産現場における総合的マネージメント能力を養成しています。
また、PDCAサイクルを意識した卒業研究に取り組みます。
圃場管理・卒業研究の進捗状況を定期的にコース内で情報共有することで、コミュニケーション能力の向上も図ります。
このように、植物生産を通じて「前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力」の、3つの社会人基礎力を備えた人材育成を目指しています。

授業紹介

Lecture Introduction


  • 花き生産流通実習

    苗物、鉢物および切り花について、播種・挿し木・育苗・移植・施肥・病害虫防除・出荷調整・価格決定等を体系的に実習し、植物生産の基礎技術を学びます。


  • 基礎育種学

    花きの新品種育成に必要な遺伝・育種学、種苗法等について学びます。また、座学で習得した知識をもとに、育種目標を立てて実際に植物の交配も行います。


  • 卒業研究・卒業制作

    生産現場の視察等によって情報を収集し、花きの生産・流通における問題点を見出して課題を設定します。課題解決の手法を考案・実践する過程を通じて、問題解決能力を養成します。

学生紹介

Students Introduction


小島 奈恕さん
(マイスター科花き生産コース2年)

(岐阜県立加茂農林高等学校出身)

Q

国際園芸アカデミーに入学したきっかけは何ですか?

高校1年生の時にアカデミーのオープンキャンパスに参加して、花き生産コースの体験実習の内容にとても興味を持ったからです。また、生産以外にも様々なことが学べるのも良いと思いました。

Q

学んで楽しい授業を一科目教えてください。

「花き生産流通実習」です。自分たちの手で育てている切花、鉢物、苗物がだんだん大きくなる様子を観察し、出荷まで面倒を見ることで植物に愛着がわきます。

Q

当校に入学して良かったことは何ですか?

1年前期に、花き生産・花き装飾・造園緑化の3コースの基礎を学べたことです。先生も優しく教えて下さるので、授業が楽しいです。また、校内にあるたくさんの植物や緑に癒される毎日です。

Q

学校生活で一番楽しいことは何ですか?

友達と話すことです。高校と違って、同級生に年上や県外からきている人もいるので、色々な子と話せて楽しく、笑いが絶えません。

Q

将来の夢(目標)は何ですか?

花き生産法人に就職することです。高校から植物を学び、国際園芸アカデミーでも植物に携わっていくうちに、仕事として花き生産をやっていきたいという気持ちが強くなりました。

小島 奈恕さんの1年後期時間割

1時間目 2時間目 3時間目 4時間目
園芸色彩学 花修景実習Ⅱ
キャリアデザインⅠ 花き生産流通実習Ⅱ
温室管理 温室管理
商品動向リサーチⅠ 生産プロジェクト実習Ⅰ
G.C.H.Ⅱ フラワーデザイン実習Ⅱ

※G.C.H.Ⅱ:Global Communication in HorticultureⅡ

卒業生紹介

Graduate Students Introduction


小木曽 日葉里さん
(マイスター科花き生産コース令和元年度卒業)

株式会社ホームセンターバロー勤務 岐阜県立加茂農林高等学校出身

Q

今どんな仕事をしていますか?

ホームセンターの園芸売場を担当しています。発注、品出し、商品管理、売り場作り、接客などを上司の方に教えて頂きながら日々頑張っています。

Q

国際園芸アカデミーで学んだ中で、今どのようなことが役立っていますか?

実際に植物を栽培管理してきたことです。コロナ禍で、家庭菜園やガーデニングを始める方が増えてきて、実習を通して学んできたことを接客に活かすことができています。

Q

今の目標は何ですか?

今は教えて頂くことばかりですが、早くいろいろな仕事を覚えて今後は自分が教えていけるように頑張っていきたいです。

Q

アカデミーで学ぶ後輩に一言

入社してまだ一年ですが、勉強しておけばよかったと感じる場面がいくつもありました。学生の間の時間を有意義に過ごせるよう頑張っていただきたいです。

卒業生の主な進路

  • 株式会社カインズ(愛知県・小牧市)
  • 有限会社角田ナーセリー(愛知県・一宮市)
  • 有限会社佳花園(愛知県・小牧市)
  • 株式会社コメリ(関市)
  • 株式会社センティア(富山県)
  • 有限会社長良園芸(岐阜市)
  • 西美濃農業協同組合(大垣市)
  • 公益財団法人浜松市花みどり振興財団
    「はままつフラワーパーク」(静岡県)
  • 東美濃農業協同組合(中津川市)
  • 飛騨農業協同組合(高山市)
  • 株式会社ホームセンターバロー(多治見市)
  • 岐阜県職員  他

教員紹介

Teachers Introduction

花を育て、出荷・販売するためには、植物の生産技術・知識だけでなく、
チームとして働く力、商品開発力なども必要です。
これらの能力を、自主性をもって習得できるよう一緒に頑張りましょう!!


  • 教授
    (栽培・生産論 花き生産流通実習Ⅰ・Ⅱ 他)

    臼田 浩通Hiromichi Usuda

    東京農業大学農業経済学科卒業。岐阜県庁入庁後、普及指導員、花き総合指導センター研修担当、農業革新支援専門員(花き担当)、農産園芸課花き担当チーフなど花き生産振興に携わり、恵那農林事務所農業普及課長を経て現職。


  • 准教授/博士(農学)
    (園芸流通概論 SNSプロモーション 他)

    井上 守Mamoru Inoue

    名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程修了。㈱福花園植物流通センター取締役、豊明花き㈱経営企画課長、豊明物流㈱マネージャーを歴任して現職。名古屋市立大学大学院で農業経済学の非常勤講師も務める。


  • 准教授/博士(農学)
    (植物生理学 基礎育種学 他)

    前田 宝秀Takahide Maeda

    名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程後期課程修了。大学院でアサガオの花芽形成の研究に従事後現職。東海地域花き普及・振興協議会および愛知豊明鉢物流通改善協議会主催の東海鉢物品評会などにおいて審査員を務める。